Welcome Guest 
メインメニュー
Googleアナリティクス

大抵のことは通わなくとも解決!?

とある朝。
上の子は楽団のキャンプに行く為、当日学校での水泳教室の検定は受けられない。
そんな上の子は下の子に、
「頑張って検定合格して私の級を抜いて良いよ」
とちょっと上からであるものの応援して出発。
上の子3級。下の子4級。
で下の子帰ってくるとニコニコしながら、
「一個飛ばして合格したよ!」と、飛び級で上の子の一個上に合格( `ー´)ノ

上の子キャンプから帰ってくると、下の子報告。
上の子、ギャン泣き( ゚Д゚)
応援したもののいざ抜かれたとなると悔しいらしい(-。-)y-゜゜゜
「スイミングスクールに通わせて( `ー´)ノ
 息継ぎするときプールの水ガブ飲みしちゃう」
今から通ったところで間に合うわけもなく、他の習い事もあり、オリンピック選手になりたいわけでもなく、小学校レベルの内容なので通わせる気もさらさらなく、おいら自身、高校の時の臨海学校でせいぜい50m泳げるレベルで海の遠泳10K泳がされた時のことを思い出し、
「通わなくても泳げるようになるよ。手と足の動きを意識しながら泳いでごらん。手で水かきするとき、水面の下に来た時体が浮くから、その時に顔を横にすれば息吸えるよ」
とレクチャーした翌日朝。通いたいと懇願してきたが、同じレクチャーして送り出す。

帰ってきたら、ニコニコしながら、
「教えてもらった通り泳いだら、二個飛ばして合格したよ( `ー´)ノ」
と。15mもやっとだったのに、クロールで25m泳いで合格したと。
自転車の時は、30分教えたが、今回は2,3分。
楽過ぎる(-。-)y-゜゜゜ギャン泣き対応は面倒だけど...。

これもキックボクシングに通わせていたおかげかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

XOOPS Cube PROJECT
© 2011-2014 by 麦