シマンテックストア
Welcome Guest 
メインメニュー
Googleアナリティクス
  • redhatに支援されているEPELリポジトリをインストール。

確認環境 anchor.png

  1. CentOS 5.7 (x86/32ビット版)
Page Top

インストール anchor.png

  1. 標準とバッティングするパッケージがあった時、EPELでアップデートされると大変困るので、優先順位を設定し、修羅場回避策をする。

    # yum -y install yum-priorities

  2. インストールされた設定ファイル[/etc/yum/pluginconf.d/priorities.conf]を編集。

    [main]
    enabled = 1
    これを↓
    [main]
    enabled = 1
    check_obsoletes = 1 <<追加
  3. 標準側のリポジトリ優先を設定。

    # vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
    [base]
    [updates]
    [addons]
    [extras]
    [centosplus]
    の各リポジトリに「priority = 1」を追加。

    1. priorityは1~99まで設定可能で、数字か小さい方が優先順位が高い。
  4. 下準備が整ったので、EPELのインストール開始。
    1. EPELのGPGキーをインポート。

      # rpm --import https://fedoraproject.org/static/217521F6.txt

    2. 失敗するのでダウンロード。

      # wget https://fedoraproject.org/static/217521F6.txt

      # rpm --import 217521F6.txt

    3. パッケージを入手。

      # wget http://download.fedoraproject.org/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm

      1. 最新版は、http://fedoraproject.org/wiki/EPELのリンクから入手してください。
    4. 署名を検証して、安全性の確認。

      # rpm -K epel-release-5-4.noarch.rpm

    5. OKを確認してインストール。

      # rpm -i epel-release-5-4.noarch.rpm

    6. EPELの優先度を下げる。

      # vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
      [epel]
      [epel-debuginfo]
      [epel-source]
      の各リポジトリに「priority = 10」を追加。

  5. 標準にないパッケージが検索できれば完了 :hammer:

    # yum search jack-audio-connection-kit


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1019, today: 1, yesterday: 1
Princeps date: 2012-08-07 (Tue) 10:58:08
Last-modified: 2012-08-07 (Tue) 10:58:08 (JST) (2663d) by mugi
XOOPS Cube PROJECT
© 2011-2014 by 麦