Welcome Guest 
メインメニュー
Googleアナリティクス
Page Top

iSCSIターゲット anchor.png

  1. Thecus N8800PRO - ファームウェアバージョン 5.01.04
Page Top

インストール&マウント anchor.png

  1. iSCSIイニシエータパッケージをインストール。

    # yum install iscsi-initiator-utils

  2. iSCSIサービスを起動。

    # /etc/init.d/iscsi start

  3. iSCSIターゲット(以下ターゲット)を指定して、接続できるターゲットノードを検索。

    # iscsiadm -m discovery -t sendtargets -p ターゲットIP

    1. ターゲットノードが見つかった場合。
      1. `ターゲットIP:3260,1,iqn.iqn_年-iqn_月.ドメイン名:任意`の一覧が表示される。
      2. 例:`192.168.0.11:3260,1 iqn.2011-10.net.nariyuki:iSCSI`
    2. ターゲットノードが見付からなかった場合。
      1. iscsiadm: no records found!
    3. iSCSIサービスが起動していないと、下記エラーが表示される。
      1. # iscsiadm -m discovery -t sendtargets -p ターゲットIP
        iscsiadm: Cannot perform discovery. Initiatorname required.
        iscsiadm: Discovery process to ターゲットIP:3260 failed to create a discovery session.
        iscsiadm: Could not perform SendTargets discovery.
  4. iSCSIターゲットノード検索後は、下記のコマンドで表示される。

    # iscsiadm -m node

  5. ターゲットにログイン。
    1. CHAP認証を使用時は下記コマンドを先に入力。
      1. /etc/iscsi/iscsid.confに設定することも可能だが、違うユーザ名・パスワードのターゲットに繋がらなくなってしまうので、下記コマンドで対応。

        # iscsiadm -m node -T ターゲットノード名 -p ターゲットIP -o update -n node.sessioin.auth.authmethod -v CHAP

        # iscsiadm -m node -T ターゲットノード名 -p ターゲットIP -o update -n node.sessioin.auth.username -v ユーザ名

        # iscsiadm -m node -T ターゲットノード名 -p ターゲットIP -o update -n node.sessioin.auth.password -v パスワード

    2. ログイン。

      # iscsiadm -m node -T ターゲットノード名 -p ターゲットIP -l

  6. ログイン後、下記コマンドでログインに成功したターゲットノードを確認できる。

    # iscsiadm -m session
    tcp: [1] ターゲットIP:3260,1 iqn.iqn_年-iqn_月.ドメイン名:ターゲットノード名

  7. 追加ディスクとして認識されたデバイス名を確認(赤がターゲットノード):容量は1TB。

    # fdisk -l

    Disk /dev/sda: 79.9 GB, 79988523008 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 9724 cylinders
    Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes
    デバイスBootStartEndBlocksIdSystem
    /dev/sda1*11310439183Linux
    /dev/sda214972478003607+8eLinux LVM
    Disk /dev/sdb: 1099.5 GB, 1099512676352 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 133674 cylinders
    Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes
    デバイスBootStartEndBlocksIdSystem
    /dev/sdb111336741073736373+83Linux

  8. SCSI番号は、「iscsiadm -m session」コマンドで表示された番号と連動。
  9. フォーマット・マウントする。
    1. 通常の手順そのままです。
  10. /etc/fstabを編集して、再起動後も有効にする。

    # vi /etc/fstab
    /dev/sdb1 /マウントポイント ファイルシステム名 _netdev 1 2
    iSCSIは、イーサネットの活性化後に有効となるが、その前にマウントしようとされるので、このパラメータで、活性化後にマウントするように指定。

  11. 再起動後、`df`コマンドでiSCSIデバイスがマウントされていれば完了 :hammer:
Page Top

その他のコマンド anchor.png

Page Top

ターゲットをログアウト。 anchor.png

# iscsiadm -m node -T ターゲットノード名 -p ターゲットIP -u

Page Top

不要になったターゲットを削除。 anchor.png

# iscsiadm -m node -T ターゲットノード名 -p ターゲットIP -o delete
ログインしたまま削除しようとすると下記のエラーが表示される。
iscsiadm: This command will remove the record [iface: default, target: ターゲットノード名, portal: ターゲットIP,3260], but a session is using it. Logout session then rerun command to remove record.
iscsiadm: Could not execute operation on all records: session exists


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1557, today: 2, yesterday: 0
Princeps date: 2012-08-07 (Tue) 10:45:42
Last-modified: 2012-08-07 (Tue) 10:45:42 (JST) (2660d) by mugi
XOOPS Cube PROJECT
© 2011-2014 by 麦